ピーター・バーリンング'ニュージーランド が、プリマス・サウンドの海で行われた週末の見事なレースの後、SailGP初の決勝戦で勝利を収め、イギリス Sail Grand Prixのタイトルを獲得しました。

キウイチームは、2度の優勝を誇るオーストラリア の5連勝を止め、ニコライ・シーステッド'sデンマーク を3位に押し上げ、ついにF50のコードを解読したようだ。

Season 3 //イギリス セイルグランプリ //ニュージーランド シャンパン賞授賞式

ピーター・バーリンング デンマーク が僅差で2位、 が3位と続き、3艇による勝ち抜き戦の決勝で初めて のクルーが1マークを先取しなかったのです。オーストラリア トム・スリングスビー

コース下部の微風に悩まされ、3艇ともフォイルが外れたが、最も早く回復できたのはSehestedだった。しかし、バーリングの積極的なマッチレース作戦により、第3ゲートでデンマーク からリードを奪うと、その後はキウイが優勢となった。

Season 3 //イギリス Sail Grand Prix //ニュージーランド 船上で優勝を祝う。

ピーター・バーリンングのクルーは、プリマス・ホーの大勢の観衆の前で、2-2-1-5-1のフリートレース記録を達成し、計算された巧みなレースの週末を過ごしました。

初優勝について、ピーター・バーリンング 、チームは「初の決勝進出でストークしている」と語った。「ここまで来るのは大変だったけど、セイリングと改良に本当に満足しているよ」。

シーズン3 //イギリス セイルグランプリ // 決勝戦ニュージーランド そしてオーストラリア

ニュージーランド とデンマーク は、変わりやすいコンディションの中、2日目にしてSailGPデビュー戦となる決勝戦への出場を決めました。

風向きが60度も変わり、時速35kmからわずか9kmまで変動するようなふくらみのある状況で、隊員たちは不意を突かれた。

しかし、ホームの優勝候補イギリス にとっては残念な結果となり、僅差で決勝トーナメント進出を逃すこととなった。

第5レースのフィニッシュラインからわずか200mの地点で、オーストラリアと接近したクロスを犯したとして、最後のペナルティがイギリス 、ファイナル3位をデンマークに明け渡したのです。