オーストラリア は、ドバイの海岸で繰り広げられたレースで、見事な逆転勝利を収め、総合首位の座を拡大しました。

初日を8位で終えたオーストラリアは、フランス 、イギリス 、最後まで釘付けになるような戦いの末に勝利をもぎ取った。

オーストラリア SailGPチームにとって、またしても素晴らしいイベント勝利となりました。

3艇による勝ち抜き戦の決勝戦は、終始リードが入れ替わり、リーダーボードが常に入れ替わるという、まさに波乱の展開となった。

素晴らしいスタートを切り、レースの大半をリードしていたにもかかわらず、フランス'の圧倒的なポジションは、3艇が第5ゲートに集結した11時間後にイギリス に奪われてしまったのです。

しかし、イギリスのクルーが最後のジブを乱したことで、オーストラリア 、2人のライバルを抜き去り、優勝を決めたのです。

リードを失ったものの、フランス'のQuentin Delapierreはそのチャンスを逃さず、イギリス 、カディスでの勝利に続き、2度目の表彰台を獲得した。

デンマーク は最終の第6フリートレースでリタイアを余儀なくされ、ニュージーランド はスイスとの衝突により4点のペナルティを課され、惜しくもファイナル進出を逃すことになりました。

2日目 - GBR 2

また、Jordi Xammarは、シーズン2でスペイン人ドライバーに就任して以来、2勝目を挙げ、批判を一蹴した。

SailGP史上最もタイトなレースコースであるポートラシッドの海では、安定した風とフラットな海面に恵まれ、絵に描いたようなフォイリングを披露しました。

更新されたリーダーボードでは、オーストラリア がシーズンリードを 60 ポイントに伸ばし、ピーター・バーリンング'のニュージーランド が 51 ポイント、フランス が 50 ポイントでリードしています。ベン・エインズリー イギリス は48ポイントで4位をキープしています。

シーズン3 // ドバイセイルグランプリ //オーストラリア 艦隊の先頭を走る

P&O Marinasが提供するドバイセイルグランプリは、2022年の最後のSailGPイベントとなります。9人のF50フリートは、次に1月14日と15日に開催されるシンガポールセイルグランプリで顔を合わせる予定です。